0520-1

TBS「クレイジージャーニー」でも度々取り上げられた女性登山家「谷口けい」さんについて。

ウィキペディアのお亡くなりになった当時の報道ページがリンク切れになっていたこともあり
このまま風化させるにはあまりにも忍びないと思い千葉県情報を発信するミル速で記事にしておきたいと思いました。


世界的な女性登山家・谷口けいさんとは?
63

1972年7月14日、和歌山県和歌山市生まれ。千葉県育ち。アルパインクライマー。

小学校時代に冒険家植村直己の著書と出会い、大人になったら植村の消えたデナリに登りに行こうと決めていた。

明治大学文学部史学地理学科入学。大学時代はサイクルツーリングクラブに所属し、自転車で日本と世界を旅していた。大学卒業後に山岳会(京葉山岳会)に入会するとともに、アドベンチャーレースにも参加するようになる。

大学卒業後、マスコミ業界に就職するが、2年半で退職。野口健環境学校プログラムファシリテーター、山岳ツアー会社契約ツアーリーダー、日本山岳協会自然保護指導員、東京都山岳連盟遭難対策委員兼救助隊等、教育、野外活動の分野で幅広い経験と実績を積む。

2002年より、野口健エベレスト清掃隊、マナスル清掃隊に参加、2006年マナスル登頂、2007年エベレスト登頂。それと並行し、ゴールデンピーク(7,200m)、ライラピーク(6,200m)、シブリン(6,543m)、カメット(7,756m)に新ルートからアルパインスタイルで登攀を成功させる。

2008年、カメット未踏ルート南東壁初登攀により、第17回ピオレドール賞受賞(女性では史上初)。

株式会社IWNC研修プログラムファシリテーター、野外研修ファシリテータ―、山岳ツアーリーダー、アドベンチャーレーサー、アルパインクライマー、東京都山岳連盟レスキューリーダー、日本山岳協会自然保護指導員、国立登山研修所講師を務めた。

2015年12月21日午後2時50分ごろ、北海道上川郡上川町の大雪山系黒岳(1984メートル)の北壁を男性4人との5人パーティーで登攀中、山頂付近で用を足すためロープを外し仲間から見えない岩陰へ移動した後に滑落[2][3]。岩陰には両手の手袋が残されていた。悪天候のため捜索が難航し、翌22日午前中に心肺停止の状態で発見され、その後病院で死亡が確認された。出典Wiki

谷口けいが遭難?経歴や結婚が気になる!02

女性登山家・谷口けいさんの滑落死から何を学ぶのか? 山のトイレ事情と「用足し」論http://www.sankei.com/premium/news/160117/prm1601170003-n1.html


谷口けい冒険基金

谷口けい冒険基金とは、2015年末に亡くなった日本を代表する登山家、谷口けいの「日常における冒険の大切さと若手冒険家を応援したい」
という遺志を引き継ぐために、立ち上がった基金です。基金では谷口が残した貯金や寄付金を現資金に、資金繰りの難しい若手冒険家の遠征費用をサポートします。サポートうけた冒険家は自らの体験を社会に伝え、谷口の遺志を社会に伝えます。

HP:http://keifund.net/

登山パートナーの平出和也さんとは?
DAHkDRiU0AQ5ERm
*右側が平出和也さん
「クレイジージャーニー」にたびたび登場している世界的な山岳カメラマン。谷口けいさんとは登山パートナーとして数々の名峰をともに制してします。

詳しくはこちら
http://www.he-fumu.com/kazuya-hiraide