20170421-00010002-chibatele-000-1-view

四季折々の花が楽しめる富津市のマザー牧場では、可愛らしい小さな花が主役となっています。

20170421-00010002-chibatele-001-1-view


鮮やかな青紫色の小さく可愛らしいこのお花の名前は、『ムスカリ』。

マザー牧場の「花の大斜面」の主役は4月上旬までは菜の花でしたが、これから5月の大型連休までは大斜面近くの小道に咲くムスカリが主役となります。

 草丈は15センチ程と低く、丸く小さな小花をつける姿からは控えめな印象を受けますが、寒さにも強くピンと伸びた茎は丈夫で、可憐な中にも凛とした美しさを感じられます。

また、ムスカリの花は、丸いつぼ型の花がブドウの房のように密集して咲くことからブドウヒアシンスとも呼ばれるそうです。

色鮮やかで写真映えもするムスカリ。マザー牧場で写真に収めてみてはいかがでしょうか?

ソース:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00010002-chibatele-l12 


    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット