mexico-chichen-itza-ruin-restricted
メキシコのユカタン半島にあるマヤ文明の遺跡チチェンイツァで、2重のピラミッドの内部に隠されたもう1つのピラミッドが発見された。
 
メキシコ国立自治大学などの研究チームの16日の発表によると、ククルカン(別名エル・カスティーヨ)と呼ばれる2層のピラミッドの内部に、新しく高さ10メートルのピラミッドがあることが分かった。
チチェンイツァ遺跡では1930年代の発掘調査でピラミッドの内部に2つ目のピラミッドが発見され、中からひすいをあしらった赤いジャガーの王座が見つかっていた。
 
チチェンイツァは6世紀ごろにマヤ文明が築いたといわれる遺跡で、10世紀ごろにメキシコ中部トルテカ族の影響を受けた部族に侵攻された痕跡が残る。高さ24メートルのエル・カスティーヨはこの時に建造された。
mexico-chichen-itza-tomography

今回見つかった内部のピラミッドは、構造を傷めない画像撮影技術を使った調査で確認された。階段と思われる傾斜や祭壇と思われる構造があることも分かった。
 
チチェンイツァの時代は550~800年の「純粋なマヤ」期と、トルテカ族の影響を受ける800~1000年の移行期、占領の最終段階となる1000~1300年の3時代に分類できる。
 
1930年代に見つかったピラミッドは移行期、今回見つかったピラミッドは純粋なマヤ期のもので、研究チームではチチェンイツァの初期の状態を解明する手がかりになるとして期待を寄せている。

ソース:http://www.cnn.co.jp/fringe/35092427.html 


    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット