0b343_140_beb52666ea38c72f26cec5e4188ace58
日清食品は、「日清のどん兵衛 東西食べ比べ」6商品を期間限定で発売するとともに、今年連載45周年を迎えた人気漫画「ベルサイユのばら」とのコラボレーション企画を5月1日から実施する。
20170417nissi02

「日清のどん兵衛 東西食べ比べ」は、2011年から実施している好評の企画とのこと。通常はそれぞれの地域でのみ販売している東日本仕様と西日本仕様(富山県、石川県、福井県、滋賀県、奈良県、和歌山県以西は西日本向けを販売、北海道を除くその他東日本は東日本向けを販売している。北海道地区は、「北のどん兵衛」ブランドで展開している)の「日清のどん兵衛」を、全国の人々に食べてもらえるよう期間限定で全国販売する(「日清のどん兵衛」東日本仕様は、粉末スープタイプのみが対象)。

 これに合わせて、発売41年目を迎えた和風カップ麺のロングセラーブランド「日清のどん兵衛」と、連載開始から45年を迎えても衰えることのない人気を誇る「ベルサイユのばら」による異色のコラボレーションが実現した。「日清のどん兵衛 東西食べ比べ」6商品のパッケージに「ベルサイユのばら」の主人公“オスカル”と“マリー・アントワネット”が登場し、「だし」だけでなく「おあげ」「七味」「スパイス」が東西で違うことを驚愕の表情とコメントで紹介する。

“オスカル”と“マリー・アントワネット”も驚く「日清のどん兵衛」のこだわりのおいしさを、この機会にぜひ食べ比べてみてほしい考え。

 うどんやそばには、歴史的に東西で味の嗜好に違いがあるという。同社では「日清のどん兵衛」の発売に先駆けて行ったマーケティング調査によって、関ヶ原付近に味の境界があることを突き止め、全国展開のカップ麺としては初めて地域別に味を分けて発売した。現在も、東日本と西日本で味を分けて販売を続けている。

 きつねうどん、天ぷらそばの東日本仕様は、“かつおだし”をきかせたしょうゆ感のある色の濃いつゆが特徴とのこと。西日本仕様は、“昆布だし”をきかせただし感のある色の薄いつゆが特徴となっている。また、カレーうどんの東日本仕様は肉だしとスパイスをきかせたこくのある濃厚なカレーつゆ、西日本仕様は肉だしと昆布、かつおの合わせだしをきかせた味わい深いカレーつゆが特徴だとか。

 「日清のどん兵衛 東西食べ比べ」商品は、麺、つゆ、具材は通常販売している「日清のどん兵衛 きつねうどん」「日清のどん兵衛 天ぷらそば」「日清のどん兵衛 カレーうどん」と同じだが、ふたに“オスカル”“マリー・アントワネット”両主人公のコメントと「東西食べ比べ 東仕様」「東西食べ比べ 西仕様」のマークを入れた(通常商品は、ふたの企業ロゴ横部と側面原材料表示の下に、東日本仕様は(E)、西日本仕様は(W)を表記している)。

 「ベルサイユのばら」は、1972年から1973年にかけて「週刊マーガレット」(集英社) で連載された少女漫画の金字塔。18世紀のフランス革命前後を舞台に、男装の麗人“オスカル”や悲劇の王妃“マリー・アントワネット”の数奇な運命に翻弄されていくさまを華麗に描き上げた作品。テレビアニメ化や宝塚歌劇団による舞台化などもヒットに拍車をかけ、社会現象を巻き起こすほどの人気を呼んだ。連載開始45周年を迎えた今もなお、老若男女を問わず数多くのファンに愛されている。

ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/12950478/ 


    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット