resize
カナダ政府はこのほど、嗜好(しこう)用マリフアナの合法化に向けた法案を発表した。2018年7月までに制定を目指す方針で、実現すればウルグアイに続いて世界で2番目となる。
 marijuana-weed-plant
嗜好用マリフアナを合法化する大麻法案は、トルドー首相率いるカナダ政府が13日に発表した。トルドー首相は就任前からマリフアナ合法化を公約に掲げていた。
 
首相は14日のツイッターで、「子どもたちがあまりに簡単にマリフアナを入手できてしまう。この状況を変えていく」と力を込めた。
 
法案はマリフアナを合法化した上で、生産や流通、販売に厳格な規制をかける内容。司法省の議会政務次官は「これでカナダの安全性が高まる」と説明している。
 
政府はマリフアナ販売に対する免許料や売上税も徴収する。これには犯罪集団が利益を上げることを阻止する狙いがある。規制外の生産や流通を行った場合は重大な犯罪と見なす。
 
成人は公の場で30グラムまでのマリフアナ所持が認められ、自宅でも1世帯当たり大麻草4本まで栽培できる。マリフアナは公認の小売店で購入するか、栽培業者に郵便で注文する。18歳未満の未成年による所持や購入は禁止する。
 
カナダでは現時点でマリフアナが禁止されているにもかかわらず、未成年者による使用を阻止できていないのが現状だ。当局者はカナダの10代の子どものマリフアナ使用について、「西側で最大のヘビーユーザー」と形容している。
 
法案では、未成年にマリフアナを売った場合、14年以下の禁錮を科すと規定した。
また、マリフアナを使用して運転することや、国外へ持ち出すことも禁止している。

ソース: http://www.cnn.co.jp/world/35099877.html

管理人コメント:これは外貨獲得の大きな資源になるような・・・観光客増えそう 


    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット