13484_1127_765a0f35_15292fdb

 スクウェア・エニックスは、ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズとその関連作品が、ギネス世界記録の3つの部門で記録を樹立し、認定を受けた、と発表した。まず1つめは「最もタイトル数の多いRPGシリーズ」。これはシリーズ全体、87作品という記録に対して受けた記録である。

 2つ目と3目は、「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」に対して与えられたもの。「最も長いエンドロールを持つMMOビデオゲーム」、「最も多くのオリジナルサウンドトラックを持つビデオゲーム」の2記録である。なお、MMOとはMassively Multiplayer Online、多人数同時参加型の略だ。

 ファイナルファンタジーの第1作目であるファミコン版のRPGが、スクウェア(当時)から発売されたのは、1987年のこと。ちょうど今年で30周年になる。筆者はファミコンを持っていて、ファイナルファンタジーもプレイしたことがあるので、当時のことを記憶している。

 ファイナルファンタジー第1作が出たとき、ちょうどドラゴンクエストは2作目まで発売されて、まもなく3作目がエニックス(当時)から出る、というところであった。筆者の知人の一人は、ファイナルファンタジーを讃えて、こう言った。

 「ドラクエの方が先に出たから今ドラクエ3が話題だけど、もしファイナルファンタジーが先に出ていたら、今頃みんなファイナルファンタジーの2や3の話をしていただろうと思う。これはそれくらい凄い作品だ」。

 それから30年。筆者が実際にプレイしたことがあるのはそれらのうちごく一部だけであろうとは思うが、実に、発売された関連タイトル87作品で、ギネス記録というわけだ。筆者の知人は慧眼であった。なお、ナンバリングタイトルのほか、派生作品やリメイク作品も1作とカウントされているが、移植版や廉価版などはノーカウントとして87作品だという。

 何にせよここはひとつ、おめでとうございますと申し上げたい。

ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/12699767/ 

管理人コメント・シリーズで87作品も出てるなんて知りませんでした。 



    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット