20170125-OHT1I50080-L

 東京ディズニーランド(TDL)のトゥモローランドに登場する新しい飲食施設「プラズマ・レイズ・ダイナー」が3月25日にオープンすることが25日、発表された。

 「プラズマ・レイズ・ダイナー」は、オーナーである小柄な宇宙人“プラズマ・レイ”の名前を冠した、宇宙のあちこちにあるレストランのひとつで、このたび、地球初出店としてTDLにオープンするという設定。これまでも概要は発表されていたが、オープン日が正式に決まった。

 意欲的な経営で、時空を超え宇宙のすみずみにまで広がる巨大な料理帝国を築きあげたレイが地球初出店の場所に選んだのがTDL。幾何学模様がデザインされた店内には、レイが手掛けたお店の宣伝ポスターの数々が飾られる。レイの名物料理が提供され、すべての銀河の中で最高に楽しい体験ができるという。

 メニューの一部を紹介すると、オリジナルのパッケージに入ったライスボウルは4種類(各780円)。星の形が特徴の「エビカツ」(ベジタブル、トマトクリームソース)、きらめく星空のようにカラフルな色合いの野菜が盛り付けられた「あられチキン」(ベジタブル、肉みそ)、「ハンバーグ」(ベジタブル、玉子)、「ベジタブルカレー」(玉子)がある。スティック状のサツマイモを揚げた「フライドスウィートポテト」(290円)がパークに初登場するほか、宇宙やロケットをイメージしたオリジナルの「ヨーグルトムースケーキ」(380円)もある。

 3月25日のオープンでは、未完成の区画が一部あるが、夏に全区画がオープンする予定。


 ソース:http://www.hochi.co.jp/topics/20170125-OHT1T50096.html



    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット