55599
YouTube動画「これぞ大河ドラマ? 平沢帰省にカメラが密着」の一場面



2016年、千葉ロッテマリーンズは公式Twitterフォロワー数を大幅に伸ばした。1月1日時点では19万3777フォロワーだったが、12月27日午前時点では43万6743フォロワーと2倍以上に。また、同日までの公式YouTubeの総再生数は936万7646回だった。

 ちなみに今年一番、再生回数が多かった動画は「平沢大河 先輩たちとの内野ノックにカメラが接近」の46万2838回。

 山室晋也球団社長は「プレー映像や画像だけではなく、舞台裏を紹介したことが功を奏したと思っています。来年もファンサービスの一環として、いろいろな選手の表情などをSNSを通して発信し、よりマリーンズの魅力を知ってもらえたらと思っています」とコメント。狙い通りの情報発信を展開できた一年に手ごたえを口にした。

 SNSで頻繁に登場して一番の話題となった平沢大河内野手は「ボクすか? ちょっと信じられないです」と照れ笑いを浮かべた。27日には新たにYouTube動画「これぞ大河ドラマ? 平沢大河の帰省にカメラが密着」をアップするなど、積極的な情報発信を続けている。

ソース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161230-00010000-chibach-l12 


    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット